ホーム > Expression Web > Extensibility Testerアドインであなたのアドイン開発を簡単に

Extensibility Testerアドインであなたのアドイン開発を簡単に

ErikMikkelson[著], わにちゃん@ExpressionTech.jp[訳・編集]
2010年6月9日 from Expression Web team blog

はじめに

私は、編集、保存、更新の無限のサイクルなしで考えを徹底的に試して、それらのアドインをトラブルシュートする方法をExpression Web 4 開発者に提供すべく、Extensibility Testerアドインを作成しました。

ExtensibilityTesterPanel

このアドインパネルは、そのパネル内からJavaScript Expressionを開発者に評価させ、完全な拡張性モデルへのアクセスを与えます。

これで、アドイン開発者は相互作用から来る、すべての出力、エラー、およびイベントが見えている間、Expression Webアプリケーションと対話できます。

ここをクリックして Exptensibility Tester アドインをダウンロードしてください。一旦それをダウンロードしたら、Expression Web 4の[ツール]メニュー下のアドインマネージャーを通じてインストールされます。

Extensibility Tester アドインの使用法

一度 Extensibility Testerアドインをインストールすると、[ツール]-[Extensibility Tester]に表示されます。InputボックスにJavaScript Expressionを入力して、[Evaluate]をクリックします。その出力やエラーメッセージの結果が出力およびエラーボックスにそれぞれ表示されます。Extensibility イベントは それらがクビになったようにEvents ボックスにトップの最近のイベントとともに書き込まれます。[Clear All]ボタンはもしすべてクリアにしたい場合に、すべてのテキストボックスをクリアできます。

JavaScript expression はグローバルな範囲の中で評価されるので、あなたが作成する変数は評価から評価(評価が完了した後に、範囲から落ちて、利用可能でないことの代わりに)まで利用可能です。

これは、きわめて少ない入力を保存できますが、1つの小さい了解事項と共に来ます:
これらの変数がウィンドウオブジェクトのプロパティであり、'var'なしで宣言しなければなりません(上のイメージの例見てください)。

ここに、その拡張モデルを使ってあなたが試すことができる、いくつかのクールなものを確認するのに試すことができるいくつかの表現を挙げます:

  • xweb.document.selection.set(10,100);
  • Xweb.document.selection.insert("text");
  • xweb.application.newdocument("HTML 4.01 STRICT");
  • xweb.document.getElementsByTagName("div").length;
  • xweb.document.getScriptElementByCode("var foo = 1");
  • xweb.document.replaceRange(15, 20, "replacement");

あなたはどう思うか私に教えてください!

Erik Mikkelson
Software Development Engineer in Test, Expression Web

記事ソース元:Expression Web team blog > Simplify Your Add-In Development with the Extensibility Tester Add-In

関連記事

コメント

▲このページのトップへ