ホーム > Expression Design > Expression Design 4でイメージのトレースとトリミング

Expression Design 4でイメージのトレースとトリミング

Nipun Tomar[著], わにちゃん@ExpressionTech.jp[訳・編集]
2011年2月10日 from C# Corner > Expression Studio

はじめに

今日、私は Microsoft Expression Design 4で画像のトレースとトリミングについて知りました。そこで、あなたが気に入りそうな記事をフォームに共有したいと思います。

四角形を描く

  1. Microsoft Expression Design 4で新規ドキュメントを開きます。
  2. ツールボックスから四角形を選択して、ドキュメントいっぱいになるまで描きます。
    TranCroBlend2.gif
  3. 四角形を黒に塗りつぶします。
    TranCroBlend3.gif

イメージのインポート

  1. 既存のイメージをインポートします([ファイル]メニューから[イメージのインポート])。
    TranCroBlend4.gif
  2. Expression Design画面にのせたいイメージを選択します。
  3. 画面が以下のようになります。

イメージをトリミング

では、イメージをトリミングします。

  1. [オブジェクト]メニューから[イメージ]をポイントし、[イメージオブジェクトの作成]を選択します。
  2. そして、トリミングしたい場所をドラッグして指定します。

  3. [ラスタサイズ領域]オプションが出てきたら[OK]ボタンをクリックします。
  4. 以下の図のように四角形が見えたら、その新しいイメージを保存します。
  5. もしトリミングしたイメージを見たい場合、それをドラッグしてアートボードの他の場所に移動すると、一つのオリジナルともう一つのトリミングされたイメージの二つが見えるでしょう。

イメージのトレース

  1. Microsoft Expression Design 4でもう一つのドキュメントを開き、イメージをインポートする手順まで繰り返します。
    ちなみにこの写真画像は、Windows 7のサンプルピクチャ「アジサイ」(C:\Users\Public\Pictures\Sample Pictures\Hydrangeas.jpg)をインポートしています。
  2. [オブジェクト]メニューから[イメージ]をポイントし、[イメージのオートトレース]を選択します。

  3. [イメージのオートトレース]のポップアップボックスが表示されたら、色の数は128にして[OK]ボタンをクリックします。
  4. オートトレースには処理にすこし時間がかかります。トレースされるとこのようになります。
  5. 下の図のように、編集ウィンドウのどこかをクリックしてみてください。

  6. すると、このようになるでしょう。

Expression Design 最新記事

コメント

▲このページのトップへ