ホーム > Expression Blend > 0からはじめるExpression Blend再入門

その34:Expression Blendで扱う単位を変更する

0からはじめるExpression Blend再入門
蜜葉 優@Silverlight Square & Windows Phone Arch[著], わにちゃん@ExpressionTech.jp[編集]
2012年1月10日 from Atelier:Mitsuba

はじめに

Expression Blendではみなさんご存知の通り、WPF/Silverlight/Windows Phone/MetroStyleAppsのアプリケーション開発が可能です。

WPFやSilverlightでは、CSSやLayoutRootなどでアプリケーションのサイズを決めますが、Windows Phoneでは800px * 480pxとなっており、Metro Style Appsでは736px*1366pxとなります。またMetro Designによる見た目の気持ちよさ(コントロール間のマージンや配置など)も重視されます。

例えばWPならこんなかんじ。

https://www.jeff.wilcox.name/2011/10/metrogridhelper/

そんなとき、Expression Blendで扱う単位を変えておくと、単位が揃ってデザインが行い易くなる場合があります。

単位をポイントからピクセルに変更するには

Expression Blendではデフォルトの単位はポイントに設定されています。

フォントサイズなどもポイント表記されていますね。

f:id:c-mitsuba:20120110043411p:image

ツールからオプションを選択し、単位タブを開きます。扱う単位をポイントからピクセルに変更します。

f:id:c-mitsuba:20120110043410p:image

テキストボックスのフォントサイズがピクセル表記になりました。これで、文字とコントロール間の調整なども行いやすくなるのではないでしょうか。

f:id:c-mitsuba:20120110043437p:image

次の記事

0からはじめるExpression Blend再入門』最新記事

コメント

▲このページのトップへ