ホーム > Expression Blend > 0からはじめるExpression Blend再入門

その29:デザイナで切ったGridを編集する

0からはじめるExpression Blend再入門
蜜葉 優@Silverlight Square[著], わにちゃん@ExpressionTech.jp[編集]
2011年5月13日 from Atelier:Mitsuba

はじめに

「Expression Blendで切ったGridってどうやって編集すんのよー!」と昨日、さおさんに言われたので方法を。

まず、Blendのデザイナ上で、Gridの枠の近くにマウスカーソルを持って行くと、黄色の線が出ます。

この状態でクリックすると、Grid.RowDefinitionsだったりGrid.ColumnDefinitionsが切れます。

いわゆるテーブルですね。

f:id:c-mitsuba:20111021122524p:image

このとき、切ったGridの線をドラッグすると幅が変更できますし、クリックするとプロパティがさわれます。

こんな感じ。

f:id:c-mitsuba:20111021122640p:image

「それはわかるけど、どうやって削除するのよーー!!」とさおさん。

Grid.RowDefinitionsとかGrid.ColumnDefinitionsはGridの子要素なので、それ自身を削除することはできません。

Gridの子要素を削除するには

じゃあどこから削除するのかというと、

オブジェクトパネルからGridを選択して、プロパティパネルのレイアウトにある、RowDefinitionsあるいはColumnDefinitionsのコレクションを選択します。

f:id:c-mitsuba:20111021123020p:image

これをクリックしてやると、Definitionsかコレクションとしてパネルに表示され、

そこから先ほどと同じ、プロパティを変更することができます。

こんなかんじ。

f:id:c-mitsuba:20111021123140p:image

ここから、削除したり変更したり入れ替えたりできます。

まとめ

Blendのデザイナは優秀だけど、パネルはもっと優秀だと思っていて、両方合わせて使えないとBlendの旨みがありません。

とりあえずxamlが読めるんだったら、そこに書いてある項目をプロパティパネルから検索すると良いとおもいます。

次の記事

0からはじめるExpression Blend再入門』最新記事

コメント

▲このページのトップへ