ホーム > Expression Blend > 0からはじめるExpression Blend再入門

その24:ノンコーディングで画像をジェスチャーで操作させてみよう

0からはじめるExpression Blend再入門
蜜葉 優@Silverlight Square[著], わにちゃん@ExpressionTech.jp[編集]
2011年5月22日 from Atelier:Mitsuba

はじめに

以前のジェスチャーの実装方法で、こんなふうに書きました。

Windows Phone 7 のはてなフォトライフビューワを作る (後編) | その3-ジェスチャーを実装しよう

しかし、やっぱりUIにコードを書きたくないので、ビヘイビアで実装する方法を紹介します。

これはWP7だけでなくSIlverlight・WPF・XNAでも利用できます。

今回使うビヘイビアはこれです。

Silverlight / Windows Phone 7 Multi-Touch Manipulation and Inertia Behavior

https://multitouch.codeplex.com/

https://gallery.expression.microsoft.com/MultiTouch

早速ためしてみましょう。

操作方法

1.操作したい画像を置きます。

f:id:c-mitsuba:20110522003806p:image

2.それをCanvasでくくります。

f:id:c-mitsuba:20110522003805p:image

3.ダウンロードしてきたzipの中にある3つのdllを参照に追加します。

MultiTouch.Behaviors.Silverlight.WP7.dll

System.Windows.Input.Manipulations.dll

System.Windows.Interactivity.dll

4.ビヘイビアの中にある[MultiTouchManipulationBehavior]をimageに追加します。

f:id:c-mitsuba:20110522004357p:image

f:id:c-mitsuba:20110522004356p:image

5.すると、その他タブに設定が出ます。

回転や移動、拡大縮小のほか、最大最小サイズと加速度の適用が設定できます。

f:id:c-mitsuba:20110522004355p:image

6.実行結果です。

Surfaceみたいなかんじですね!

次の記事

0からはじめるExpression Blend再入門』最新記事

コメント

▲このページのトップへ