ホーム > Expression Blend > 0からはじめるExpression Blend再入門

その13:Effect効果をつけよう

0からはじめるExpression Blend再入門
蜜葉 優@Silverlight Square[著], わにちゃん@ExpressionTech.jp[編集]
2011年5月13日 from Atelier:Mitsuba

はじめに

Expression Blendでは、各コントロールにエフェクトを付けることができます。

今回はボタンを例にしてみましょう。

操作方法

  1. ボタンを置いて、AppearanceパネルのEffect Newボタンをクリックします。
    f:id:c-mitsuba:20110429145930p:image

  2. デフォルトではBlurとDrop Shadowが用意されています。

    はじめにBlurを選択してみましょう。
    f:id:c-mitsuba:20110429145929p:image
  3. すると、文字とグラデーションにぼかしが入りました。

    ぼかし具合はRadiusで調整することができます。
    f:id:c-mitsuba:20110429145928p:image

  4. つぎにDrop Shadowです。

    Drop Shadowでは色や透過度、影の付ける角度などを調整することができます。
    f:id:c-mitsuba:20110429145927p:image

さいごに

また、エフェクトはMicrosoft HLSL(High Level Shader Language)というC言語に似たピクセルシェーダー用Effecの言語で自分で開発することができます。

かっこいいEffectを作った場合は是非公開してください!

次の記事

0からはじめるExpression Blend再入門』最新記事

コメント

▲このページのトップへ